本文へスキップ

佐世保市内の鍼灸波動整体院。たから国際鍼灸整体院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0956-48-7381

佐世保市木宮町2-10ロイヤルガーデン202

パーキンソン病のフルエNew Items

母(88歳)の「手・口の震え」「会話不能」「歩行不能」を
総合・鍼灸治療によってどこまで治せるか・・・レポート開始!

 私は、ご存知のように初期の癌を含む数人の方の積聚(しゃくじゅ=しこり)を総合鍼灸治療によって自然治癒させることに成功した国内では本当に珍しい鍼灸師だと思います。

 しかし、「知られざる偉大なるもの」は、私に更なる命題を突きつけたのであった!
それは、パーキンソン病である!

 真剣にパーキンソン病に取り組まなければいけなくなったのです!!

 2013年2月某日
 母は、自分専用の軽・自動車の窓を拭きに庭に出て歩いている時に小石に足のつま先が躓き転倒し・骨折。市内の病院へ救急車で搬送され、左股関節付近の骨折と判明。

 骨粗鬆症もあり、チタン合金で補強手術。その後、半年経過し、左腕が震えだし、2014年の夏頃から口まで震え始めたのであった。

 リハビリ専門の病院からのご紹介によって大病院の神経内科へ定期的に通院し、新薬、ピシフロール錠などを順次試すも、逆に、体調を大きく崩し、身体が動けなくなり、2015年末までに分かってい

るだけでも、約二十回、呼吸困難に陥りました。つまり母は、何度も死に掛けたわけです。その都度、李式・伝統鍼灸治療の凄さを体験させられました。

 去年の夏ごろから介護度「5」に認定される。
 
息苦しさを即効で消す事が可能! 
李式・伝統鍼灸は本当に素晴らしい!


 2016年3月18日 
 治療前の状況(特別養護老人ホーム)

母の現状
・何を話しているのか全然、理解できない!
・手足、口、両目のフルエが酷くお昼ご飯を食べる事が出来なかった。
・自分で起き上がれない。自分で、オムツを下ろせない。
・ひとりで歩けない!
・慢性便秘である。
・はやく死にたい!

 中医弁証・・・臓燥(ぞうそう)と診る!
治療目的・・・先ず、心経絡および心包経絡から
痰火を瀉(しゃ)し、最後に腎陰を補う!

 取穴
内関、通里、豊隆・・・捻転瀉法・・・30秒を二回行う。
金津・玉液・・・左右二箇所、点刺はり治療
太渓、復溜・・・腎陰を補う、五分ずつ捻転補法!以上は大黒柱である李式・伝統鍼灸治療。

補助療法
@プレーンヨーグルト(砂糖なし)・・・佐野博士の助言。
Aブロッコリー、大根、にんじんのジュース(スロージューサー使用)。

B特殊な油・・・大匙一杯・・・これは直接、ご来院の方へ教えます。。
C特殊な良い水・・・「10の7乗個」の水「H2O」分子の中に電離水【H+、OH-】1個・・・これよりも多い電離水が身体に本当に良い水である(PHが5、4、3になる水⇒解離水)(佐野博士)

D漢方薬(医師の協力を得て)・・・以前より「六味丸」を使用!「陰虚」体質に良い。
E欧米の同種療法(同症療法)・・・鍼灸も同症療法に入ると云われている。

 ここからは辻個人の意見
つまり、ある器具によって通した水が非常に素晴らしい・・・PHが5、4、3になる水⇒解離水(商品名ではない)を作って飲ませた!・・・・これは、たから国際鍼灸院・辻式・脈診でAAAの脈になるの

で、皆さんに大変お勧めである!しかしこの水は、単純に、酸性水やアルカリ性水などではない!「安定水素」と専門的に云われているが、高濃度の「水素水」ではない、逆に云うと高濃度ではない水素水

の方が身体に良いのかも知れない。水素水を作るメーカー機器が色々あり、健康を害するお客さんも最近、現実に存在したので 特に販売もしくは購入には非常に注意が必要であろう。

 

 罪は、貧困と無知から生じる!という事です!

 皮膚、口、食道、胃や大腸の表面は空気に触れて酸性です。空気に触れている所には、一般的に酸性のお水が良いのです。

 反対に、空気に触れていない小腸はアルカリ性ですから、アルカリ性の水が良いのですが、飲みすぎると、東洋医療で用いる「六部定位脈診」では、「肝虚」「腎虚」「胃実」「大腸実」になります、中

医学的にも「肝陰虚」「腎陰虚」になりやすく、舌の苔が黄色や黒くなったりして胃や大腸が炎症しやすいので注意が必要です、内科医師がそいう事を知っていて、小腸を治そうとして一時的に使うのであ

れば問題ないと思います。私は、水を作る業者を非難するつもりは無い!ただ強調したいのは、本当に知らなければいけない事を知らないで販売したり、お客様の胃腸を壊したり肝腎を壊したり、家族や友

人の健康を害するので要注意ですよ!ということです!

 健康食品も同じです!

  20年も前から、私は、そのお客様に、「ある健康食品」「コップに入った水」を握らせれば「脈診」で助言が本当に出来る総合・鍼灸治療家なのです!

 昨年、購入したドイツの波動・観測・調整器PS10によっても、調べたい水や健康食品が「酸・アルカリのバランス」などに関して本当に良いのか悪いのか判別が可能です。

 脈診でも分かります!


C本日、母には使わなかったが・・・PS10・・・波動観測&調整。

 PS10・・・一般的に重病患者さんは、特に、あの世に近い時に、アルファー型・溶血連鎖球菌やベーター型溶血連鎖球菌が体内に自然に増えているので、それを波動で観測出来、また波動でハーモナイ

ズ(波動調整)ゼロフィールドに出来るので本当におお助かりです。しかしこの独製の機器は、医療器として正式に国は認めていないので、信じるか信じないかは、その人に任せるしかないのが現状です。

 ところで2016年3月18日午後3時30分
指圧マッサージと針治療90分を行った結果。

・会話が出来る。
・自分でオムツの上げ下げができる!
・両足が上がる!
・両目のフルエが止まった!
・笑えるように気分が好転した。

 これは、一時的かも知れませんが母も私も久しぶりに仰天したのは言うまでもない!
一応ここでレポートを終わる!

 朗報!!
平成28年7月


 平成28年6月までは要介護5
それが
⇒平成28年7月1日から要介護4へ
これは前代未聞!!
何故ならば
ファイナルステージ=要介護5
だったからである!
私は、天から試されたのであった!
「総合・鍼灸」でどこまで
やれるのか?
 新薬は殆ど飲んでいないに等しいのに!

  
 しかし、これからも気は抜けない!何故なら、痰が喉や循環器の経絡に詰まり
また何時、呼吸困難になり状態が悪化するのか分からないからである!

 パーキンソン病に効果があると云われている「ピシフロール錠」は、震えが止まるらしいが、確かに、何錠も一日3回服用すれば震えは止まる。何故ならば、心臓が止まれば・・・・・・・・・

口や手足の震えも間違いなく止まる!!これはジョークではない、母以外の患者さんは分からないが母が此れまでに実際に体験したことだからである、何度、死にかけたかわかない。

  
 母のパーキンソン病の原因というものを
「波動弁証論治(辻の造語)」の観点から
近い将来・・・述べてみるつもりである!


ドイツの振動医学の最高峰・・・レョメーターPS10を使ってみると、驚くべき要素がいくつも判明している!

  PS10は、使いこなせるようになれば、驚異的な情報を術者へ提供してくれる!つまり、それから得られる情報は使いこなせれば間違いなく総合・鍼灸弁証論治を成功に導くものと確信している!


 このレポートは定期的に更新しませんが
興味がある方は、時々訪れて記事をチェックして下さい!

事後報告(2018年2月)

母は、平成28年9月某日に他界いたしました。
まず母に感謝します。
自分を実験台にして良いから、捻転はり治療で治せるところまで遣りなさい!と語っておりました。

母は残念ながら他界しましたが、私には多くの智恵を得ることができました。
母の臨床は大きな財産になりました。
それでは失礼します。